FC2ブログ

記事一覧

「準急」って看板、一体どんなお店!?

拙ブログで先日、小田急百貨店のマークとGSE・LSEのコラボを撮影したのを記事にしましたが、GSEを撮影した日のこと。昼食をとった後、町田駅へ向かおうとしたら、突如目に入った看板。「準急」って、何のお店!?もしかすると、新しい鉄道模型のお店かと思って近づいてみます。「準急」が微妙に国鉄書体なのも、興味をそそられます。近づいてみると…「肉そばタンタン」とありまして、昼食後とは言えお店の中が見えないかと思ったら、...

続きを読む

2010年代初頭の鉄道の風景 原色復帰PFの貨物更新色時代

先日の大宮のイベントは健康診断のため参戦出来ず、当日の様子は皆さまのブログ等で拝見しました。EF65PFの2070・2074号機が原色に戻されている最中、2101号機は塗装の剥離中だったようですが、SNSで交流のある方によると、原色に戻されるのは最終全検の記念だそうです。2010年代初頭、2070・2074号機が2000番台に改番される前、かつ貨物更新色の時代の写真をピックアップしました。単8086レ EF65 1070(現・2070)[新]2011.11.6...

続きを読む

小田急3月17日ダイヤ改正の「意外な効用」

熱は無いのに風邪の症状がある体調不良で、しばらくブログの更新が出来ませんでしたが、更新を再開します。3月17日の複々線完成による小田急ダイヤ改正から、2ヶ月が経ちました。朝ラッシュ時の所要時間短縮、並びにロマンスカーの増発など劇的な効果を前面に押し出しています。快速急行 3040(ダイヤ改正前ですがご容赦ください)2018.1.30 海老名しかしダイヤ改正は「あちらを立てればこちらが立たず」で、私が主に利用する時...

続きを読む

時代を感じる小田急百貨店のマークとLSE

先日、小田急百貨店のマークとGSEの組み合わせを狙ってみましたが、やはりLSEとの組み合わせが合っています。0116 特急ロマンスカー はこね16号 LSE(7004×11)2018.5.15 玉川学園前ー町田この1点は、「鉄道ホビダス」今日の一枚に投稿しましたが、ものの見事に玉砕しました(-.-)私が見ても、作品というよりも小田急グループの宣伝にしか見えないので仕方ありません。その1週間前、GSEと組み合わせた時のカメラテストですが、や...

続きを読む

まだ残る「国鉄」を横浜線成瀬駅に見る

先日、横浜線成瀬駅に初めて下車してみました。1979(昭和54)年、十日市場駅と同時に開業し、十日市場は何度か下車したことがありましたが、成瀬には知り合いがいないこともあり、なかなか下車する機会がありませんでした。下車して、駅のつくりに晩年の国鉄を感じました。いかにも「質実剛健」、「ステーションシティ」というよりも「駅」というつくりはJRになってからの駅とは違います。何よりも懐かしかったのは、「自動きっぷ...

続きを読む

185系と113系の並び~国鉄時代「延長戦」1998

JRになってから11年目の写真ですが、JRマークがどこにも写っていないので、国鉄時代だと言い張ってもバレないかも知れません。それにしても、登場当初には誰もが啞然とした185系。「特急形なのに窓が開く」「特急なのに川崎に停まる」など、悪態も相当聞きましたが、そんな185系がここまで長生きするとは予想出来ませんでした。JR東日本の内部では、185系は「使いやすい車両」と定評があったことも、長生きすることになった...

続きを読む

武蔵野線新旧交代の図(2)

新鶴見方の留置線で待機する205系のそばを、EF65PFの貨物列車が通過して行きます。こんな会話が聞こえてくるような気がします。205系)先輩、JRになってから30年、僕たち国鉄型は本当によく頑張ってきました。PF)ああ。俺たちが頑張ってきたからJRは発展したんだ。ところで、インドネシアに行っても頑張ってな。国鉄型の底力を見せてくれよな。鉄の塊が言葉なんか発する筈がありませんが、そんな会話をしているように見えました。...

続きを読む

武蔵野線新旧交代の図

武蔵野線もじわりと新旧交代が進んでいます。過去にも中央快速線の201系や山手線205系が置き換えられた時を思い起こすと、JR東日本は一旦置換えが始まると早いです。(右)1287E E231系8連[千ケヨ](左)1014E 205系8連[同]2018.5.2 北府中...

続きを読む

2010年代初頭の鉄道の風景 「あさぎり」セミコンパートメントで優雅に通勤

2012(平成24)年1月30日、引退が決定していた小田急RSE(20000形)のお別れ乗車を兼ね、「あさぎり」のセミコンパートメント(以下、セミコン)で通勤しました。0404M 特急ロマンスカー あさぎり4号RSE(20000形)7連 本厚木セミコンはさすがに優雅で、本厚木-新宿間は距離・時間共に適度な乗車でした。ただ、優雅過ぎて仕事に行く気が薄れてしまいそうだったのと、ビールが飲みたくなりましたね(爆)意欲的なRSEのセミコン...

続きを読む

2010年代初頭の鉄道の風景 過渡期の209系1000番代・メトロ06系

常磐緩行線の209系1000番代の、中央・総武緩行線への転配が取りざたされています。思えば、一時期千代田線の増備車として209系1000番代・メトロ06系が投入されましたが、E233系2000番代・16000系が開発されていなかった時期であり、当時の「多数派」だった系列の派生として投入された感があります。A1109K マト822011.8.30B998E 06系2011.6.5以上2点 代々木上原過渡期の車両であったために結局量産には至らず、超少数派で終わって...

続きを読む

時代を感じる小田急百貨店のマークとGSE

時代を感じる小田急百貨店のマークと、最新のGSEとの組み合わせを狙ってみました。0116 特急ロマンスカー はこね16号 GSE(70000形)7連2018.5.8 玉川学園前-町田...

続きを読む

上野駅並びシリーズ(9) 583系とキハ58・28の「並び」

ど下手な写真であり、「並び」とカッコをつけたのも厳密な並びではないからですが、年月が経過するとよい思い出だけが蘇ります。583系「はつかり」とキハ58・28「おが」の「並び」。(手前)21M 特急 はつかり1号(上野7:30→青森16:01)583系13連[盛アオ](奥)401D 急行 おが1号(上野7:10→秋田16:50、奥羽線経由)キハ58・28形9連[秋アキ+秋カタ]1978.4.29 上野583系とキハ58の並びなんてあの頃は当たり前でしたが、今思うと...

続きを読む

上野駅並びシリーズ(8) 169系急行「信州」と155系修学旅行臨

信越本線は北陸新幹線が開業した結果、あちらこちらで分断されて高崎-横川、篠ノ井-長野、直江津-新潟間と小間切れになり、「名は体を現さ」なくなってしまいました。北陸新幹線(当初の案内は長野行新幹線→長野新幹線)開業以前は、特急「あさま」「白山」、急行「信州」「妙高」「越前(後に『能登』)」が長野・直江津・金沢・福井を目指し、急行「信州」「妙高」併結の急行「志賀」は長野電鉄に乗入れていました。169系の急...

続きを読む

1枚のキップから(10) 鉄道史を彩った「あさかぜ1号」の一夜

1992(平成4)年5月4日、東京から「あさかぜ1号」で九州を目指しました。当初は博多まで乗り通す予定でしたが、途中で下関始発の「にちりん17号」で日豊本線へと計画変更し、「あさかぜ1号」の寝台券を下関まで変更を申し出ましたが、GWで変更がままならず、下関でも博多でも特急料金は変わらないので、車掌さんに「下関で降りる」旨断って乗車しました。1992年5月4日乗車の「あさかぜ1号」シングルDX寝台券当初は「デュエット」を...

続きを読む

上野駅並びシリーズ(7) キハ58「ときわ」と103系

現在であればE657系とE231系の並びでしょうが、あの頃の上野駅には気動車のエンジンの唸りが聞こえ、「北の玄関口」の雰囲気に満ちていました。(左)413D 急行 ときわ8号+奥久慈2号(上野16:10→平《現・いわき》19:25・磐城石川20:24・常陸太田18:53)(右)快速 31H1977.8.26 上野...

続きを読む

上野駅並びシリーズ(6) 優美なナハネフ22と機能優先のオハネフ24

優美なナハネフ22と、機能優先のオハネフ24は印象が正反対ですね。20系が登場した1958(昭和33)年と、オハネフ24のデザインのベースである12系が登場した1969(昭和44)年、この間の国鉄を取り巻く環境の変化がうかがえます。同じく機能優先の緩急車を並べてみました。ナハネフ23も機能優先ですが、ナハネフ22の優美さを残しながら機能的なデザインは見事です。以上2点(右)5008レ 寝台特急 ゆうづる4号(青森18:54→上野5:38、...

続きを読む

上野駅並びシリーズ(5) 上野口で圧倒的な存在感を放っていた115系

上野駅で圧倒的な存在感を放っていたのは、東北・上信越方面へ向かう特急だけではありませんでした。朝のラッシュ時に15両編成で続々と上野駅に到着する115系も、圧倒的な存在感を放っていました。860M&862M 115系15連[高シマ]1979.6.1 線路上に置かれた「はくたか」のヘッドマークが、在来線特急全盛時代を物語っています。115系の並びは、JRになってからも長く見られました。(左)575M(右)3535M 快速 ラビット115系7連...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター