FC2ブログ

記事一覧

往年の山スカ442M(長野18:30→新宿4:23)のダイヤを現在の時刻表で辿ると…

3月14日付の拙記事「往年の急行アルプス並に速い、中央東線の普通列車」http://blogs.yahoo.co.jp/ymfpm554/40771680.htmlを投稿しましたが、往年の山スカ442Mは長野18:30→新宿4:23と、長野-新宿間を10時間も要していました。現在、長野を往年の442Mに近い時間に出たらどうなるかと気になったので時刻表を調べてみました。448M 長野18:17→甲府21:33568M 甲府21:36→高尾23:002322H  高尾23:05→新宿0:00(平日ダイヤ)・2354...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 フルカラーJR「国電」の時代(2)

JRになっても、まだまだ姿が見られた103系。今回はJRマークのオレンジ色の103系を投稿します。オレンジ色の103系は、国鉄時代は余り見た記憶がありません。中央線沿線には知り合いがいないため、出かける機会が殆どなかったことと、早くに201系が投入されたことが影響していると思います。むしろ、JRになってから見かける機会が多かったです。13E 103系8連[東トタ]1992.2.25 新木場リバーサルフィルムを使いましたが、本当に難し...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 フルカラーJR「国電」の時代(1)

JRになってからも、まだまだ多数の103系の姿が見られました。3,000両も製造され、駅間距離の短い山手線に投入する目的で開発されたにも関わらず、明らかに103系の性能に適合しない東海道・山陽本線普通列車にも投入されたり、はたまた仙石線などの地方路線にも転配されるなど、よくも悪くも国鉄を「体現」した車両でした。103系は、あまりにも数が多かったせいか見飽きていて、大して撮っていません。1988(昭和63)年に山手線から...

続きを読む

「えのしま」は快速急行に屈した 新宿-藤沢間のコストパフォーマンス検証

列車のスピードは、最高速度がどんなに速くても所要時間が長ければ意味がありません。そこで、表定速度(走行距離÷所要時間)をスピードの指標とします。コストは運賃・料金の合計額を走行距離で割ることで、1kmあたりのコストと計算します。 こうして算出した表定速度を1kmあたりのコストで割った数値は、どういう価値となるのか?表定速度は高い程良く、コストは低い程良いので、表定速度を1kmあたりのコストで割った数値は大き...

続きを読む

相模線205系と相鉄8000系・10000系の並び

超ローカルなネタで申し訳ございません。相鉄8000系・10000系が留置されているのを見て、相模線205系との並びが撮れると思って、狙ってみました。こういう機会、ありそうでなかなかないのです。創立当時は現在の相模線が相模鉄道、現在の相鉄は神中(じんちゅう)鉄道でした。戦時中は、経営統合された時期もあるようです。現在は相鉄は大手私鉄入りし、都心乗り入れをうかがっています。相模線は電化されたものの単線ローカル線の...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 見渡せばJRマークの原色EF65

撮り鉄に復帰した1991(平成3)年。国鉄時代からの電気機関車は、JRマークをつけたものの原色で活躍を続けていました。原色は今よりもはるかに多く、JRになってからの直流電気機関車はEF66 100番代だけ。EF210は、まだ影も形もありませんでした。今回は、JRマークの原色EF65をピックアップします。専貨 5685レ EF65 517[高機]+タキ車1991.7.30 金町遭遇機会の少なかったF形ですが、JRになってから原色の姿を撮影出来たのはラッキ...

続きを読む

往年の急行「アルプス」並みに速い、中央東線の普通列車

不覚にも私はとある有料の鉄系サイトで知りましたが、今回のダイヤ改正で高尾-長野間をロングランする普通列車441Mが登場しました。既に、一部の方のブログでも取り上げられています。山スカ全盛時代を知る私としては、新宿-長野間の夜行普通列車だった441Mと同じ列車番号というのも、感慨深いものがあります。441Mでびっくりしたのは、高尾-長野間の所要時間が4時間台(高尾14:02→長野18:53)であること。普通列車であることと...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 JRマークの115系原形デカ目

「国鉄解体」を経て、私が撮り鉄に復帰した1991(平成3)年。上野口の115系には、「原形デカ目」の姿がまだまだ見られました。580M 115系11連[東ヤマ]1991.7.30 川口シールドビームではない「原形デカ目」の前照灯は、「飴色」の表現がピッタリでした。ユニットサッシではない窓も、時代を感じさせました。(左)575M(右)3535M 快速ラビット 1991.6.29 上野左側のシールドビームと並ぶと、前照灯が「飴色」であるのがわかり...

続きを読む

小田急ロマンスカー 複々線完成後の朝の増発ダイヤを「予測」する

来年、2018(平成30)年3月(予定)、小田急電鉄は複々線完成の効果を最大限活用した抜本的なダイヤ改正を予定しています。沿線で配布されている「ODAKYU VOICE」によると、ロマンスカーを朝ラッシュ時、現行ダイヤで新宿7:30~9:16分の間に、4本のロマンスカーの増発が計画されています。新宿着の時点で、7時何分、8時何分に増発されるかをピンポイントに予測してみようかと思いましたが、ピンポイントの予測は難しいことに気が付...

続きを読む

メッセージだけ残して去ってしまったEF510-500番代

今日は、東日本大震災発生から6年目。メッセージだけ残して去ってしまった、EF510-500番代。1レ 寝台特急 北斗星EF510-501[田・当時]2011.5.20 上野EF510-510[田・当時]2011.11.19 尾久車両センターメッセージだけ残して去ってしまうなんて、お願いだから「嘘だと言っておくれよ…」と心の中で呟く自分がいます。...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 JRマークのスカ色113系原色デカ目

JRマークのスカ色113系原色デカ目も1点だけ、JRになってから記録することが出来ました。1466M 113系4連[千マリ]1992.3.20 成田1992(平成4)年の春分の日、未乗の成田線 我孫子-成田間を乗り潰した際のものです。内房線や外房線は国鉄時代に乗り潰していますが、JRになってからもう少し乗りに行っていれば、もっと撮れたかも知れません。その点は、悔いが残っています。しかしたったの1点だけですが、今となってはその1点をよ...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~2006 JRマークの113系原形デカ目

拙ブログでは、2009~2010年にかけて「国鉄時代『延長戦』」なる記事を投稿していましたが、JR30周年を機に再構成し、1年程かけてシリーズ化致します。再構成のコンセプトは、「JRマークの国鉄形車両」。国鉄時代に鉄道ファンになり、「国鉄時代は楽しかった」経験もしましたが、撮り鉄の世界に入ったのは1976(昭和51)年、即ち国鉄の晩年でした。国鉄の赤字が深刻になり、かつ対抗交通機関が台頭したという厳しい時代に加えて、...

続きを読む

E2系「あさま」と「さくら」の並び

E2系が北陸新幹線からの引退がリリースされています。「さくら」と並んでいたのは、19年前のこと。当時は、並びを撮っていたのは私だけ。今だったら、たくさんの人が記録しているでしょう。「さくら」は12年前に廃止されて夜行列車は「サンライズ」だけになり、東京駅も上野東京ライン運転開始で単なる中間駅と化し、年月の経過を実感します。(左)寝台特急 さくら EF66 49[関]+14系客車[崎サキ](右)525E あさま525号1998....

続きを読む

我が懐かしの「京急書体黄金時代」

2016年11月12日付の拙記事「羽田空港へのシフトとLEDの普及で希少になる『京急書体』」http://blogs.yahoo.co.jp/ymfpm554/40617856.htmlの続編です。「京急書体」なんて言っているのはお前だけだと言われそうですが、何故私がこだわるか。LEDが普及する前、京急の方向幕の書体はもうすこしカチッとしていました。私が高校3年間に通学で京急を利用していたのは、そんな時代でした。特急 87H 1101×6急行 7D 817×6快特 7A以上3...

続きを読む

ブラックフェイスならぬ「ガングロ」電車(1)

201系以来の「ブラックフェイス」と、私が勝手に呼ぶ最近の電車。しかし、ブラックフェイスも通り越した「ガングロ」と私が勝手に呼ぶ電車があります。1064M 特急 きぬがわ4号 253系1000番台OM-N01編成6連[宮オオ]2017.2.28 新宿黒い面積が多すぎる上に、赤とオレンジの塗装は真夏に見ると暑苦しく見えます。この色を用いるなら、同じような色を用いているキハ183系500番台や登場当初のスペーシアのように、白ベースならよかっ...

続きを読む

今年は3月初旬のダイヤ改正 過去の3月初旬ダイヤ改正を振り返る

今年のJRグループダイヤ改正は3月4日実施、昨年の3月26日より3週間も早い実施です。JR7社間のみならず、首都圏では私鉄との相互乗り入れもありますので、様々な会社間の事情が折り合った結果かと思いますが、3月初旬のダイヤ改正は国鉄時代を含み、過去には3回ありました。1986(昭和61)年3月3日ダイヤ改正(国鉄)首都圏中心のダイヤ改正でしたが、この改正で211系が東京口・上野口(当時は高崎線のみ)にデビューしました。335M...

続きを読む

山手貨物線を日中行く3086レ、ダイヤ改正後も山貨経由であり続けるか?

青函トンネルを越え、新宿を12:04頃通過する「北海道からの使者」、高速貨物B 3086レは今や日中山手貨物線を通過する貴重な貨物列車であり、山手貨物線が今尚「山手貨物線」であることを伝える列車です。毎年ダイヤ改正の季節になると気になりますが、山手貨物線経由で残り続けるかということです。列車の改廃ではないので、経由変更について特段のリリースはないようですが、本当に気になります。今日出かけてみればよいのですが...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター