FC2ブログ

記事一覧

14系寝台車就役45周年(1971《昭和46》年9月30日)

残念ながら引退、それどころか客車による夜行列車がJRから消滅してしまいましたが、一時代を築いた14系寝台車の登場から45周年を迎えます(1971《昭和46》年9月30日、急行『瀬戸2・1号』で試用開始)。 急行「瀬戸」で試用されていた時期は見たことがありません。何故「瀬戸」だったのかは推測するのみですが、当時は山陽新幹線の岡山開業(1972《昭和47》年3月15日)の直前でした。 39レ 瀬戸(下り)2号 東京20:45→宇...

続きを読む

9月27日夕刻の根岸線の「珍客」

今日は昼間桜木町にいました。その帰り、17時少し前の横浜駅京浜東北・根岸線ホームに「列車が通過します」のアナウンス。夕刻のラッシュ時にかかっているので、こんなアナウンスは普段流れません。 「9101A」表示のE233系が近づいてきました。定期の回送なら、この時刻なら「親時刻+運行番号」なので上の2桁は16か17の筈ですが、「9101A」とは完全な盛りスジです。 この少し前に、新子安で京浜東北線の電車の窓ガラスが...

続きを読む

スピード競争の時代は昔 少し寂しいな、京急

京急ネタが続きます。私が通学で利用していた頃の京急は、横須賀線とのスピード競争を意識していた様子がありました。最近はスピード競争を放棄したということもないでしょうが、羽田空港へのシフトを強化しています。 1995年、最高速度を120km/hにアップして「品川-横浜間15分」のキャッチコピーを大々的に展開し「さすが、京急」と思ったことがありましたが、最近はそれどころではないようです。 快特も停車駅に京急...

続きを読む

羽田空港で充実も少し寂しいな、京急

以前にも投稿しましたが、私は1980(昭和55)年4月~1983(昭和58)年3月の3年間通学で京急を利用していました。正直、始めのうちは京急に余りよい印象はありませんでした。平和島競艇や川崎競馬、花月園競輪場や日ノ出町駅近くの横浜場外馬券売場(今はWINS横浜というのでしょうか)を沿線に抱える故の「ギャンブル電車」という異名、そして立地的には下町が多い…など。しかし、その強烈な個性に惹き付けられるのに時間はかかりま...

続きを読む

今後の鉄道リバイバルは「JR初期の再現」が主になるか(2)

先日の拙記事で、JR九州783系の登場当時の姿の再現はどうかと思いつきましたが、251系の登場当時の塗装の再現もありかと思います。9月15日付けhttp://blogs.yahoo.co.jp/ymfpm554/40536580.htmlJRになってから登場した車両はほぼステンレスで、しかも登場当時の姿を保っているのが殆どなので他に登場当時の姿を再現出来そうな車両は無い?? これも、あくまで個人的な思いつきです。  3053M 特急 スーパービュー踊...

続きを読む

115系急行の時代 湘南色115系置換え開始によせて(補遺)

9月18日付けの拙記事「115系急行の時代 湘南色115系置換え開始によせて」にて、私の思い込みから決定的なことを忘れていました。http://blogs.yahoo.co.jp/ymfpm554/40540012.html 1973(昭和48)年10月1日ダイヤ改正時点で、115系使用の定期急行列車は「なすの1号」「あかぎ1号・ゆけむり2号」の2本と記述しましたが、「かいじ6号」を忘れていました。その後に、急行時代の列車番号のまま快速に格下げされた列車にも含まれ...

続きを読む

115系急行の時代 湘南色115系置換え開始によせて

高崎車両センターの湘南色115系の置換えが始まり、そこで触れておきたいと思ったのが「115系の急行列車の時代があった」ということです。 そうは言っても115系の急行そのものは、私が撮り鉄の世界に入った頃には快速に格下げされていたので見たことはありません。しかし、暫くの間列車番号は急行のまま快速として運転され話題になっていて、時刻表を見る「楽しみ」があったことを記憶しています。 11年前ですが、115系使...

続きを読む

今後の鉄道リバイバルは「JR初期の再現」が主になるか?(1)

鉄道界の「リバイバル」ですが、今後はJR初期の車両の登場当時の姿を再現することが主になるのではないでしょうか。何故ならば、鉄道界の「リバイバル」はJRの場合国鉄形が主となって行われてきた感がありますが、国鉄形の淘汰が進むと「国鉄形によるリバイバル」はいずれやりようが無くなります。 JR九州783系を28年前、「63.3」ダイヤ改正での登場当時の姿に戻すことは一案だと思います。これには「大義名分」があります。J...

続きを読む

国鉄時代の「足上げ」行為 「こだま」運転士「足上げ」で思ったこと(2)

国鉄時代、運転台への「足上げ」行為を何度も見たことがあります。足上げ行為が行われていたのは、電気機関車牽引の列車に限られていました。東京着のブルートレインでは見たことがありませんが、上野発着の夜行列車や待避中の貨物列車ではかなりの頻度で見たことがあります。  急荷35レ1978.5頃?品川(画像は本文とは関係ありません)  上野発着の夜行列車は推進運転で、入線から発車まで機関車の付け替えは...

続きを読む

「こだま」運転士「足上げ」問題で思ったこと

皆さまご承知の通り、東海道新幹線「こだま653号」の運転士が走行中に運転台に足を上げた状態で運転していた様子がツイッターで拡散し、当該運転士は乗務から外されました。 当該運転士は「5~6回やっていた」とのことでこれだけで言語道断ですが、今回問題行為が露見したのは700系に乗務中だったことが「原因」でしょう。今や希少価値が出てきた700系運用の列車は、それだけ日々沿線のどこかで撮影の対象になっていることが...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター