FC2ブログ

記事一覧

明暗くっきり 電気機関車「1番違いの悲哀」

人間は、紙一重で明暗がくっきり分かれる場合があります。電気機関車も、1番違いで明暗がくっきり分かれる点で人間とよく似ています。 有名なところでは、「ロイヤルエンジン」EF58 61号機と、お召予備機60号機。  EF58 61[田]1995.7.8 品川 61号機は今もひっそりと健在のようですが、60号機は国鉄最晩年に解体されてしまいました。 EF65PFも、1118号機と1119(2119)号機でくっきり明暗が分かれまし...

続きを読む

東芝冷凍冷蔵庫 北斗星

私と同年代の方は確実にご記憶かと思いますが、1975(昭和50)年頃だったか、東芝がスポンサーの番組で流れていた冷蔵庫のCM「東芝冷凍冷蔵庫 北斗星」。「冷凍冷蔵庫」というキャッチコピーが、高度経済成長期の名残を感じさせます。 私は押阪忍さんが司会をしていた「特ダネ登場」では何回か視た記憶がありますが、東芝がスポンサーだったら「サザエさん」でも流れていたかも知れません。 それから十数年後に「北斗星...

続きを読む

原色115系は単なる鉄道車両ではなく、車窓風景の一部だ

 碓氷峠鉄道文化むら探訪を終えて、横川から快速「SL碓氷物語」に乗ります。  (右)9136レ 快速 SL碓氷物語C61 20[高]+12系客車5連[新ニイ]+DD51 895[高](左)146M 115系3連[高タカ] 9136レ C61 20[高]以上2点 横川  5月5日の「SLみなかみ」に続き、2ヶ月連続でC61 20にお世話になります。水上では特に何のアトラクションもありませんでしたが、横川では和太鼓も出て賑々しいこと。車内...

続きを読む

もし「EL版梅小路蒸気機関車館」が実現していたら…碓氷峠鉄道文化むら探訪記(4)

さて、碓氷峠鉄道文化むらに集められた電気機関車を見て行くことにします。   EF62 1EF62のトップナンバーとは、貴重な機関車を残していてくれました。ややピン甘なのが残念(汗)   EF63 1EF63のトップナンバーも残していてくれました。   EF60 501EF60 500番代のトップナンバーです。ブルートレインの先頭に立った期間は極めて短く、ある意味「不運」の機関車と言えるかも知れませ...

続きを読む

過去のプライドを捨てて…「事業用車」田端のEF65PF

さて、7月5日に「カシオペアクルーズ」を撮影する前に遭遇したのは、新津工臨を牽引するEF65PFでした。新宿から湘南新宿ラインで大宮へ向かう際、大宮操にEF65PFがチキ車を従えて停車していたので、「これは後で来るぞ」と頭に入れておきました。 大宮に着くと、8番線の比較的真ん中に近い辺りで運転士が待機していたので「ここだ。これはすぐに来るぞ」と思って待っていました。それからほどなくして、EF65PFが近づいて来ま...

続きを読む

碓氷峠は越えないけれど、EF63は元気です! 碓氷峠鉄道文化むら探訪記(2)

EF63を見て、運転台にも入ってから双頭連結器もじっくり見ました。物々しさに目を見張ります。ジャンパ栓に「キハ82」があったのは驚きました。「信越白鳥」→「はくたか」で使用されたものでしょう。  一番下の2つに「キハ82」の文字が見えます。  さて、碓氷峠鉄道文化むらに保存されている往年の名車を見て周ります。何から見て行こうか、迷います。 まずは、EF63の「先代」碓氷峠のシェルパ、ED42です。&nb...

続きを読む

元酒田機関区EF81の「カシクル」「カシオペア紀行」万歳!

さて、3月26日ダイヤ改正で一旦は運行を休止(JR東日本は廃止では無いと説明していたようですが)した「カシオペア」が、「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」という形で再登場しました。 私個人的には、急行「鳥海」「天の川」と羽越本線の客車鈍行で思い出深い、元酒田機関区配置の98号機と133号機の再登板に期待していました。特に133号機は「鳥海(急行では無く、後のブルートレインの方です)」牽引で上越線乗入れ...

続きを読む

EF63とおぎのやの超蜜月関係 碓氷峠鉄道文化むら探訪記(1)

横川駅で下車して、まずは駅前のおぎのやで昼食にします。 軽井沢で下車したことは2回ありますが、横川駅は実は初めてです。横川は碓氷峠を越える際に通過してしまうことばかりで、今回下車することになったのは、ある意味碓氷峠が鉄道で越えられなくなった証でもあり、横軽廃止から19年経った今も寂しさを禁じ得ません。 そういう訳で横川駅はすっかり寂れきっているのかと思いましたが、思ったより人が多くて少しホッ...

続きを読む

小田原行ホームウエイ11号にVSEが使用された模様

夕方のゲリラ豪雨で小田急小田原線は読売ランド前-百合ヶ丘間の踏切で線路が冠水し、大幅なダイヤ乱れが生じました。私が乗った快速急行は登戸で運転打切り、なので南武線に乗換えて溝の口~長津田~町田と乗換えてほぼ1時間半の遅れで海老名に辿り着きました。 私が登戸で南武線に振替乗車した直後に運転再開したようです。この辺が、情報の変わり目の難しいところです。海老名に辿り着いた直後に目についたのが上の画像で...

続きを読む

115系で横川を目指す 何かが足りない高崎の115系 

6月、またしても群馬へ行って来ました。今回の目的地は、おぎのやと碓氷峠鉄道文化むらです。5月同様、高崎に着くと115系の姿が見られます。   530M 115系3連[高タカ]高崎   133M 同ステンレスのE231・E233系と較べて、暖かみを感じますね。    211系の姿も見られました。459M 211系5連[高タカ]同  ところで、115系の形式標記を見ると何かが足りない。寂しささえ...

続きを読む

「SLみなかみ」が教えてくれたもの プラチナチケットって何だろう?

さて、水上から「SLみなかみ」に乗ります。D51 498・C58 363が牽引する列車に乗ったことはありますが、C61が牽引する列車は初めて。C61は実物を見ることすら初めてですから、ワクワクします。          8732レ 快速 SLみなかみC61 20[高]+12系客車5連[高タカ]水上 本来であればC61とペアを組むのは旧型客車が相応しいところでしょうが、12系客車は「SLブーム」の頃に登場し...

続きを読む

小田急3000形とMSEが連結?

小田急3000形とMSEが、まるで幌で連結されているように見えます。勿論3000形は貫通構造ではないので幌で連結されることは有り得ないのですが、それぞれの留置位置の妙による見え方ですね。 2016.7.1 海老名-厚木  ...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター