FC2ブログ

記事一覧

新幹線700系 残された時間へ記録の日々(14)700系同士の離合/T4・T5もいつまで

  (右)9335A(回送) 700系C36編成[幹トウ](左)642A こだま642号 700系B編成[幹ハカ]  700系もC29編成まで廃車が進行しているそうです。まだカウントダウンとまでは行きませんが、かなり少なくなりました。    3983A のぞみ検測 T5[幹ハカ]T4・T5編成も登場から14年、ドクターイエローもいずれN700A仕様になるのは避けられないでしょう。 以上3点 2015.8.18 小田原 ...

続きを読む

小田急ロマンスカーが海老名・伊勢原停車へ~地元民の見方

来年3月のダイヤ改正で、ロマンスカーの海老名・伊勢原停車が決定しました。 小田急電鉄ホームページhttp://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8315_0166824_.pdf  我が地元、海老名では長い間「海老名発のロマンスカーの実現を」と署名運動が行われていました。 なので、「ついに、いよいよ!」というのが実感です。ただ海老名が停車駅になると、ミシュランガイドにも選ばれるなどの観光地を擁する伊勢原...

続きを読む

「北斗星」そしてブルートレイン、永遠の終着駅へ…(2)

札幌発の「北斗星」は、きっと上野に無事に到着したことでしょう。無事に到着することを願ってはいましたが、内心では複雑なものがありました。 私は「北斗星」に8回乗りましたが、この10年間「北斗星」に乗る機会を得られなかったのは残念でした。EF510が牽引する「北斗星」に乗ってみたかったです。元来が高速貨物用ですからEF66同様にグイグイ前に出て行ったのか、体験してみたかったです。「カシオペア」でチャンスはまだ...

続きを読む

「北斗星」そしてブルートレイン、永遠の終着駅へ…(1)

今日は多くの方がそれぞれの形で上野発ラストの「北斗星」を見送ったと思います。私は「葬式鉄」というのは性分ではありません。「あけぼの」の時もそうでしたが見送りは事前に済ませ、今日は心で姿を追っています。   2011.5.20 東日本大震災の痛手から復活を遂げた日でした。   推回1レ オハネフ25 4[札サウ]2014.4.25    1レ EF510-505[田]2011.12.30    推...

続きを読む

日光詣スペーシアと205系ハエ28が並ぶ

初めて日光詣スペーシアに遭遇し、折返しも見送りました。カメラをしまいかけて視線を落とし、ふと見上げるとハエ28が近づいてくる! 離合しかかっていたので、並んでいるうちに撮らなければ。露出の設定もへったくれもありませんでした。 離合し切らないうちに、辛うじて並びを撮れました。元サイズは少し写りが悪いので、縮小したら何とかお見せ出来る写真になりました。  (左)1067M 特急 スペーシアきぬ...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(7) 「孤軍奮闘」「孤立無援」EF66

今から30年前、1985(昭和60)年3月14日国鉄ダイヤ改正の鉄道ファンにとってのハイライトは東北・上越新幹線上野-大宮間開業ではなく、間違いなくEF66のブルトレ抜擢だったと思います。 当初は、ロビーカー連結で牽引定数が増加する「はやぶさ」だけをEF66に置き換える計画でしたが、「はやぶさ」だけでは効率が悪すぎること、本来重量高速貨物用のEF66の性能なら牽引定数が増加してもスピードアップも可能などの理由で、EF6...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(6) 1日中どこかを走っていた「富士」「はやぶさ」

物心ついた時には鉄の世界に入っていて、撮り鉄の世界に入って38年、自分のお金で乗り鉄が出来るようになってから35年経ちます。平成生まれも増えて、国鉄時代を知らない鉄道ファンも多くなったことでしょう。 かつて、「富士」は東京-西鹿児島(現・鹿児島中央)間(日豊線経由)を24時間以上かけて走っていた、現在に至るまで日本最長の旅客列車でした。その距離1,595.9km。 8レ 寝台特急 富士 EF65 1098[東](機...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(5) 超広域運用「あかつき」「日本海」

1975(昭和50)年3月10日、山陽新幹線博多開業に伴うダイヤ改正で「日本海」は20系から14系客車に置換えられましたが、早岐客貨車区の14系による「あかつき」との超広域共通運用が組まれました。 九州の車両が東北を走るとは今では想像もつきませんが、高価なブルトレ用寝台車を有効に使用する意図があったのでしょう。 しかし余りに広域過ぎて、「日本海」が雪で遅れたりすると「『あかつき』は雪のため遅れます」とい...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(4)「北陸」「天の川」

37年前、東京から山形県庄内地方・秋田は現在の感覚よりもはるかに遠いところでした。 秋田は、「つばさ」がどんなに頑張っても7時間35分(最速は『いなほ1号』の7時間25分でしたが、秋田は『つばさ』の選好度が高かったようです)。 酒田へは、「いなほ1号」がどんなに頑張っても約6時間、「いなほ1号」で上野を11:08分に発っても酒田着は17:05分、完全に1日が潰れてしまいました。 朝から行動出来る夜行列車は本...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(3)ゆうづる

いよいよ北海道新幹線の開業が見えてきました。 既に東京-新青森間は最速2時間台で結ばれていますが、新幹線のなかった37年前は昼行特急は「はつかり」がどんなに頑張っても上野-青森間は最速8時間15分を要し、北東北・北海道は現在の感覚よりもはるかに遠い所でした。 定期夜行列車が2本(サンライズ瀬戸・出雲/はまなす)だけになってしまった現在では想像もつきませんが、「ゆうづる」は青森駅発5~7分間隔で続行運...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(2)

私にとって「ヒーロー」だったEF65Pですが、1978(昭和53)年夏にEF65PFへの置換えが始まりました。1965(昭和40)年の登場以来13年での置換えでしたが、東京-下関間のロングランは相当ハードだったようです。とにかく残念でした。 後継のPFはパンタグラフが下枠交差型のPS22B、スノープロウも無く腰が高い印象があり、宇都宮運転所のPFの重厚さとは随分印象が異なり、当初は余りよい印象がありませんでした。 1978年夏...

続きを読む

夏の終わりはブルートレインの歴史の終わり(1)

私が物心ついた頃、ブルートレインは輝きを放ち憧れの存在でした。EF65Pが牽引する東京発のブルートレインは、当時の夜行列車の最高峰と言える存在でした。 なかなか乗ることが叶わなかった時代、長い夏休みは見に行く最高のチャンスでした。残念ながら当時は撮る技術は何ともド下手で、デジタルカメラがある現在の状況であの頃に戻ることが出来たら、もっと沢山撮るのに…と、何とももどかしくてなりません。 1レ 寝台特...

続きを読む

今は昔 名車キハ82の辿った日本海縦貫線

拙ブログを長くご覧頂いている皆さまはご承知かと思いますが、私は大阪で生まれ幼児期にはキハ82「白鳥」で大阪・京都-酒田間を何度も往復しました。それは、国鉄の陸の黄金時代真っ只中。  9654D 快速 御殿場線60周年号 キハ82・80☓5連[海ナコ]1994.11.27 御殿場  私が幼児期に「白鳥」で辿った日本海縦貫線は、ズタズタにされました。日本海縦貫線を乗り通す人なんて少数派も少数派なのだと言わ...

続きを読む

「北斗星」27年後の夢の跡(2)

「北斗星」デビューでJR東日本と北海道が意匠を凝らしあったのも今は昔。このエンブレムは一足先に上野では見られなくなり、そしてあと3週間でこの国からブルートレインの歴史は終わります。 1レ 寝台特急 北斗星 2014.4.25 上野  ...

続きを読む

8月、列車番号8をピックアップ

  8レ 寝台特急 富士 EF66 55[関]+24系客車14連[鹿カコ+熊クマ]1991.11.26 新子安  8レ 寝台特急 はやぶさ EF66 40[関]+24系客車15連[鹿カコ+熊クマ]1994.8.9 川崎  8M 特急 しらさぎ8号 683系8連 クロ682-2006[金サワ]2013.5.22 米原  昔は特急の列車番号は小さい番号が当たり前でしたが、夜行列車が壊滅状態に陥り、更にはどういう事情かわかりませんが最近特急の列車番号は...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター