FC2ブログ

記事一覧

「北干住」駅名標「もう一つの間違い」

昨日、Yahoo!のニュースで出ていましたね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000001-maiall-soci.view-000 「北千住」が「北干住」になっていた「誤植」ですが、これ、もう一つ間違いがないでしょうか。私はむしろそちらのほうが間違いだと思っていました。 [区]のステッカーがありません。北千住-綾瀬間は複雑ですが、JR時刻表にも北千住-綾瀬間だけ除外するような記述もありません。 私も今は無...

続きを読む

訃報 鉄道ジャーナル元社長・編集長 竹島紀元さん

2003(平成15)年に宮脇俊三さんが逝去され、昨年には種村直樹さんが逝去されました。そして今日、「鉄道ジャーナル」社長・編集長として鉄道趣味界に多大な貢献をもたらした、竹島紀元(たけしま としもと)さんの訃報に接し、大きな衝撃を受けています。 朝日新聞デジタルhttp://www.asahi.com/articles/ASH7W4GLSH7WUCFI00F.html 鉄道趣味誌はそれぞれ個性がありますが、竹島さんの功績は「列車追跡シリーズ」です。...

続きを読む

懐かしの115系諏訪号「現役時代」

昨日は長野まで行くことが出来ませんでした。だから、昔の写真で我慢します。新宿-小淵沢・松本・長野行の山スカなんてザラだった時代、今思えば本当によい時代でした。  427M 115系8連+クモユニ82[西ミツ]1980.8.24 上諏訪  ...

続きを読む

新幹線700系 残された時間へ記録の日々(13) 久々東海所有のC編成

東海所有のC編成は今年初めて遭遇しました。単にタイミングが合わなかっただけかと思いますが、随分久しぶりです。幕も今や貴重なものを見る思いです。カツカツになってしまったのが残念… 9308A のぞみ308号 700系C53編成16連[幹オサ]2015.7.20 新横浜-小田原  ...

続きを読む

余命一ヶ月の「北斗星」そして日本のブルートレイン

「北斗星」、そして日本のブルートレインの「余命」は遂に1ヶ月を切りました。乗る機会を狙っていましたが、どうやら余程の奇跡が起きない限り叶わずに終わりそうです。 こんな私でも「ロイヤル」に乗ってフランス料理を味わうことが出来たので悔いはないのですが、やはりもう4~5回は乗りたかったです。 有名撮影地へ出かけても他人と同じ写真しか撮れないので、私は日常目に映る鉄道の光景をいかに上手く表現するかを...

続きを読む

相模線を単線ながら高頻度運転を行うヒント

我が地元、JR相模線は幹線に区分されているものの、全線単線、運転本数は朝夕ラッシュ時概ね15分ヘッド、日中は概ね20分ヘッドのダイヤが組まれていますが、交換待ちに伴う所要時間の増加は沿線住民から不満の声が聞かれます。 複線化を要望する声も聞かれますが、一日の平均通過人員が約27,000人(2014年度、JR東日本ホームページ)、同程度の通過人員は首都圏では五日市線では、正直JR東日本が複線化に動くとは思えません。...

続きを読む

「海の日」記念 美しい海が見える(見えた)列車

8007レ 寝台特急 北斗星 EF510-509[田]+24系客車12連[東オク]2015.4.23 尾久「北斗星」から見える噴火湾は格別ですが、願わくばずっと見たいです…  4001レ 寝台特急 日本海EF81 108[敦]+24系客車9連[盛アオ]2010.12.28 大阪愛称も「海」、函館行時代は陸奥湾などが見えました。    2007M 特急 いなほ7号 485系6連[新カヌ]2003.3.19 新潟日本海、笹川流れは格別ですが、E653系になって...

続きを読む

新幹線700系 残された時間へ記録の日々(12)~久々遭遇C編成

C編成、久々遭遇しました。 464A ひかり464号 700系C17編成16連[幹ハカ]それにしても、今年に入ってから東海所有のC編成に遭遇していません。タイミングが合わないのでしょうか。 幅をきかせているのは、やはりB編成です。  657A こだま657号 700系B15編成16連[幹ハカ]2点共2015.7.11 新横浜-小田原  ...

続きを読む

何故新幹線には600系が存在しない?

「そう言えば新幹線には600系が無いぞ」どうしても頭から離れません。小田急に6000形が存在しないのは何となくわかりますよね。400系までは国鉄時代からの新幹線の形式の付け方が踏襲されていましたが、JR東日本は独自路線を歩み始めました。従来の形式の付け方なら、E1系が500系で500系が600系になったのではないか?JR東日本が独自路線を歩み始めてからは、700系は600系として登場してもおかしくなかったと思います。この辺はど...

続きを読む

JR第一世代 ED79 50番代の終焉

「63.3」ダイヤ改正直後の好調を受けて、JR貨物は国鉄時代の電気機関車をリピートオーダーして投入しましたが、そのうちのED79 50番代は遂に終わりを迎えそうです。 青函トンネルを越える貨物列車を牽引し、長駆盛岡までの運用もあり、繁忙期は快速「海峡」を牽引したこともありました。前面形状は、どこかEF62を連想させるものがあったのは、私の気のせいでしょうか。  ED79 60+ED79 59[五]1999.8.8 五稜郭&nbs...

続きを読む

「北斗星」27年後の夢の跡

「北斗星」の臨時列車としての運転も、あと1ヶ月と少しとなりました。それより前に、「北斗星」に使用された札幌運転所の24系客車は一足先に過去のものとなりました。 1988(昭和63)年3月13日、「レールが結ぶ一本列島」と銘打って華々しく行われたダイヤ改正、そのハイライトは間違いなく「北斗星」でした。上野駅で見る「札幌」の行き先と共に、「札サウ(=「サ」ッポロ「ウ」ンテンジョ)」標記の客車は、本州と北海道が青...

続きを読む

東京駅八重洲中央口のみどりの窓口が閉店~みどりの窓口の存在が危なくなっていないか?

ある鉄系会員制サイトを見ると、東京駅八重洲中央口のみどりの窓口(JR東日本)が先月末で閉店したそうです。かなり立地のよい窓口だったので、閉店には驚きました。 八重洲口はJR東海管理なのでその影響もあったのかも知れませんが、大駅の好立地のみどりの窓口が閉店に至るとは、ネット利用がそれだけ進んでいるのでしょうか。使いづらい指定席券売機ですが、えきねっと発券で利用する場合はそれ程抵抗はありません。 ...

続きを読む

上野駅の「日常」から「過去」へ~推進運転の記録(3)

頭端式ホームの構造故、上野駅とは不可分の関係にあった上野-尾久間の推進運転も「日常」から「過去」になろうとしています。晴れの日も雨の日も、貫通扉を開けて推進運転士が先導する姿も後僅かとなりました。 「カシオペア」が当面存続するとは言え、「カシオペア」は貫通扉が無いので推進運転であることがわかりにくいです。 推進運転を狙う人は少ないと思っていたら、意外と多くの同業者が待ち構えていました。間も...

続きを読む

富士の裾野にもう一つの「山スカ」~御殿場線クハ79

日付繋がりって、今やどんなブログやSNSでも投稿されていますね。鉄道ファンとしては、恐らくはED79をネタに取り上げられた方は多いと思います。 7月9日も22時になって私もED79をネタにすると、「今更」感があり過ぎます。しかし、辛うじて昭和の時代にこの世界に入った人間としては何かお伝えしなければならない。 御殿場線は今でこそ313系と211系の天下、松田-御殿場間では小田急MSEの姿も見られますが、私が撮り鉄の...

続きを読む

7月7日繋がり、豪華寝台急行「天の川」の思い出(2)

(左)802レ 寝台急行 天の川(右)5008レ 寝台特急 ゆうづる4号1979.2.4 上野  同じ組み合わせ1979.6.1 同 20系時代の「天の川」には2回乗りました。20系は14系・24系よりも乗り心地には定評がありましたが、当時の私は20系に乗れただけで興奮して一睡も出来ず、正直20系と14系・24系との違いはわかりませんでした。 1979(昭和54)年当時、時の運輸大臣が「夜行列車廃止論」をぶち上げ、世論は猛反発し...

続きを読む

7月7日繋がり、豪華寝台急行「天の川」の思い出

7月7日は七夕、そうなると羽越本線の客車列車で鉄人生を育まれた私としては寝台急行「天の川」に触れなければなりません。 「天の川」は上野-新潟間の寝台急行として設定されました。愛称は芭蕉の「荒海や 佐渡によこたふ天河」から来ています。 1972(昭和47)年10月2日、羽越本線全線電化完成に伴うダイヤ改正で上野-秋田間に延長されました。但し新潟着はそれまでより若干早くなり、秋田着は遅過ぎ、愛称とは裏腹に...

続きを読む

7月5日繋がり、東北を代表する名機関車ED75 3態

ED75と言えば、東北を代表する名機関車と言っても過言ではないと思います。「はくつる」「ゆうづる」「あけぼの」「八甲田」「十和田」「津軽」など、東北の夜行列車の先頭には必ずその姿があり、そして東北の客車鈍行の先頭にも立ち、正しく東北の客車列車、そして貨物列車はED75と共にありました。 ED75が牽引した東北の客車列車、貨物列車の姿が、今も目に浮かびます。 ED75 0番代初期の「はくつる」の先頭に立ってい...

続きを読む

7月4日繋がり 東海道線の忘れ得ぬ「名車」クモユニ74

「名車」というと褒めすぎかも知れませんが、東海道線東京口の普通列車の神戸方に連結されていたクモユニ74は、忘れ難い車両です。 鉄道は旅客を運ぶだけでなく荷物や貨物を運び、人々の日常生活になくてはならない存在でした。そこに、鉄道の「たくましさ」を感じました。クモユニ74はよいアクセントであり、113系の先頭に立つと電気機関車のような「貫禄」さえありました。 そんな東京口のクモユニ74ですが、1点しか撮...

続きを読む

7月3日繋がり、御殿場線のスカ色クモハ73 3態

御殿場線の電化開業(1968《昭和43》年7月1日)と同時に就役したスカ色のモハ72系、オールロングシートでしたが現在の東海道本線 熱海-浜松間と違って不思議と悪評は聞かれなかったように思います。むしろ、引退は惜しまれた程です。 スカ色のモハ72系は1回しか乗りに行けませんでしたが、3態のクモハ73を撮っておいたのは、出来が悪い写真ながらよくぞ撮っていたと思いました。   633M モハ72系4連[静ヌマ]...

続きを読む

新幹線車内「焼身自殺」へ直ちにとるべき対策

既に多くの方が記事にされていますので詳細は省きますが、東海道新幹線で前代未聞の事態が起きました。新幹線でも手荷物検査を強化せよという声は多く上っていますが、「のぞみ」だけで最大毎時10本運転、かつ自由席があり途中駅からの乗車もあることを考えると、極めて稀な不心得者のために乗客全員に手荷物検査を実施するのは新幹線の利便性が損なわれるだけで、JRサイドにしても利用者にしても受け入れ難いと思います。犯罪者の...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター