FC2ブログ

記事一覧

「ぶらり横浜・鎌倉」にはタキシードボディがよく似合う

あくまで個人的感覚ですが、かつてホリデー快速鎌倉の山スカを見慣れた私には意外な発見でしたが、651系は「ぶらり横浜・鎌倉」に相応しい車両であると思いました。「タキシードボディ」は、梅雨空によく合っています。JR東日本が意図した塗装ではないと思いますが、梅雨空になればなる程タキシードボディは溶け込んでいます。こうなると、ヘッドマークは色とりどりの紫陽花を期待します。梅雨空の下の撮影が更に楽しみになります...

続きを読む

置換えが見えてきた?相模線205系

私が参加しているSNS繋がりの人から聞いた話によると、JRサイドからの話として、時期は明言されていませんが「相模線205系は廃車、新車投入は無く、現有車両の転配で置換えられる」ということでした。 まだJR東日本からのリリースはありませんが、登場から24年、間もなく何らかの動きがあると思います。「現有車両の転配」の情報については具体的な形式が触れられていましたが、それをここで述べてしまうと現時点ではJR東日本...

続きを読む

583系「ひたち」走行記念 「ひたち」オールスターズ

今日も残念ながら出撃出来ません。昔の画像で酒でも飲みます。  1003M 特急 ひたち3号 485系9連[仙セン]1979.12.31 上野 4001M 特急 ひたち1号 485系12連[仙セン]1978.4.16 上野※お見苦しくて申し訳ありません。  4007M 特急 ひたち7号 485系12連[仙セン]1978.10.22 上野   1065M 特急 ひたち115号 485系7連[水カツ]1991.7.30 金町  3009M 特急 ひたち9号 4...

続きを読む

新幹線700系 残された時間へ記録の日々(11) ~C編成全く見かけなくなりました。

たまたまかも知れませんが、C編成にはかなり長いこと遭遇していません。最後に遭遇したのはいつだったか、確か3月だったと思います。 0系末期、東海管内でクローズする運用に博多総合車両所の0系が充当されていたのと同じ様な状況になってきました。 657A こだま657号 700系B9編成16連[幹ハカ]2015.6.7 新横浜-小田原  ...

続きを読む

「みどりの窓口」の存在が危なくなっていないか~日本の鉄道は、あなたの思う通りに存在し続けられるか?

今、「みどりの窓口」の存在が危機的状況とは言わないまでも、昔と比べると危なくなっているように思います。このブログをご覧にいただいている皆さまは、私がまた何か煽り始めたぞと眉をひそめているかも知れません。 「みどりの窓口」が無ければ10時打ちは成功しないので、存在が危ないというのはにわかには信じられないでしょう。しかし、最近「みどりの窓口」がクローズアップされるのは10時打ちの時くらいではないでしょ...

続きを読む

快速「海峡」3態 「ドラえもん海底列車」による変化の記録

快速「海峡」が1日だけ復活しますね。私は「(スーパー)白鳥」には遂に乗れずに終わりそうですが、「海峡」は何度乗ったでしょうか。普通運賃だけで気軽に乗れ、青函連絡船の雰囲気に近い車窓は本当に味わい深いものでした。だから、「海峡」に乗れたことで悔いは全くありません。  「海峡」は、途中からドラえもんとタイアップでドラえもん海底列車となったこともあり、その姿には変遷がありました。  3131レ 快...

続きを読む

6月21日で621M、「不細工な」115系も今は昔

後に補強した部分も塗装されましたが、これはちょっと可哀想でしたね。 621M 115系11連[東ヤマ]1995.1.15 上野  ...

続きを読む

「海峡」が復活するのなら、急行「鳥海」の復活も熱望

皆さまご承知の通り、快速「海峡」が1日だけ復活しますね。「海峡」が復活するのなら、この列車も復活して欲しいと熱望して止まない列車があります。急行「鳥海」です(くれぐれも寝台特急の方ではありません)。 そうは言っても、往年の10系寝台車・グリーン車組込みの編成を現代に再現することは不可能です。では、どうするか。 私が小学校3年生の時、1973(昭和48)年の夏臨で設定された急行「鳥海51号」は、上野方か...

続きを読む

我が愛しき「サメ」

口の悪い撮り鉄諸氏には「サメ」と呼ばれていますが、私は大好きな機関車の1つですよ。JRが発足して初の新製電気機関車の登場は、バブル期の好況もありましたがJRに対する期待を一層抱かせました。国鉄形EF66のリピートオーダーですが、EF66の特徴を生かしつつJR流に仕上げたデザインは、クルマの世界でいう「マイナーチェンジ」を連想しました。反発は承知していますが、率直に言ってニーナ以外の、特急マークも飾り帯もない「ゼ...

続きを読む

長野色時代の115系C1編成

先日のYYフェスタ号を見ていて、どこかで見た車両番号だと思って調べたら、一昨年スキー鉄に出かけた際に乗ったのが長野色時代のC1編成だったとは、迂闊にも今頃になって知りました。  447M 115系C1編成6連[長ナノ]2013.2.10 高尾  ...

続きを読む

紫陽花の季節の横須賀線は国鉄・JR特急形共演

昨日の横須賀線は国鉄特急形、JR特急形第一世代・第二世代の共演が見られました。  9771M 快速 鎌倉あじさい号 189系M52編成6連[八トタ]横浜  9707M 急行 ぶらり横浜・鎌倉号 651系K105編成7連[水カツ] 保土ヶ谷この後、鎌倉に留置されているのを見ました。  9139M 特急 成田エクスプレス39号 E259系6連[横クラ]北鎌倉-鎌倉  E259系とM52編成の強引な「並び」横須賀 今日...

続きを読む

山スカYYフェスタ号 国鉄塗装115系万歳!

  9723M 保土ヶ谷 9734M 北鎌倉-鎌倉  115系は元来横須賀線用の車両ではありませんが、やはり節度のある国鉄塗装は素晴らしいです。ヘッドマークが無かったのもよかったです。スカ色が横須賀線を走ることはもう二度と無いような気もします。行ってよかったと思っています。 画像全て115系C1編成6連[長ナノ]2015.6.13   ...

続きを読む

キハ75の原型?キハ66・67

また懲りずに日付繋がりです。キハ66・67、早いもので登場40周年を迎えますが、今尚元気ですね。 ノーデッキに転換クロスシートのアコモ、どこかキハ75の原型と言えるのではないかという気がします。キハ75は3ドアですが、コンセプトはよく似ています。 キハ66・67は急行形か一般形か、どちらに分類するか迷いましたが、登場当初は急行にも使用されていたこと、オリジナルは急行塗装だったので急行形に分類しました。ノ...

続きを読む

今後の動向に注視が必要なJR第一世代車両 (2)

先日の第一弾では、忘れていた車両もありましたので、思い出した車両を改めてアップします。   1775M 721系3連[札サウ]1991.12.8 札幌「北斗星」に遅れること約半年後のデビュー、間もなく車齢30年になります。今後の行く末は要注目です。  182F 311系4連 クモハ311-1[海カキ]2013.5.22 岐阜この車両もキハ85系と同じ26年目です。同時期に登場した211系・213系5000番代が大量に活躍していますから当...

続きを読む

EF66~ブルトレ抜擢組は一見華やかだったが、別れた明暗

懲りずに、連日の日付繋がりです。EF66。電気機関車として唯一、鉄道友の会ブルーリボン賞に輝くなど、国鉄の電気機関車の歴史の中でも3本の指に入るでしょう。 本来重量級の高速貨物用の機関車でしたが、「質実剛健」を地で行く従来の国鉄形電気機関車のイメージを大きく変える外観から、ブルトレ牽引を夢見た鉄道ファンは多かったと思います。 それが実現したのが、1985(昭和60)年3月14日国鉄ダイヤ改正でしたが、当...

続きを読む

見ると幸せになるのはこちらだ!「事業用車」JR東日本のEF65PF

連日の日付繋がりです。もはや、この機関車が本来牽くべき列車は完全に無くなりました。しかし、日々首都圏のどこかで事業用車として黙々と走っている姿が目撃される。元ブルトレ牽引機のプライドを捨て、本当に健気です。 ドクターイエローは、今や情報収集力のある方なら遭遇出来ます。そしてEast-iも、鉄道ダイヤ情報にダイヤが掲載されています。EF65PFも工臨は大体予測はつくようですが、全く情報の無いEF65PFに遭遇した...

続きを読む

「山男」から汎用機へ変貌するEF64

連日の日付繋がりです。かつては中央本線・上越線で主に姿が見られたEF64は、今や東海道本線のような平坦線でも活躍が見られます。2011年の年末から2012年3月ダイヤ改正にかけて、EF65PFの代走として山手貨物線を行く姿を度々撮影する機会を得られました。その頃から、平坦線に進出が著しくなったように思います。勾配線区に十分な性能を有しているので、平坦線なら尚更活用出来るということでしょうか。その結果、汎用性が高くな...

続きを読む

碓氷峠の為の機関車 EF63の記憶

3010M 特急 あさま10号 EF63 8[横]1997.9.23 軽井沢   EF63 18+EF63 19[横]1997.9.27 軽井沢  9348レ 快速 さよなら碓氷峠 EF63 13+EF63 21[横]+EF62 46[田]+12系客車8連[高タカ]同  今日も日付繋がりです。碓氷峠の為に存在したEF63。色々なことを思い出します。 登っている間に、背中に感じた今までにない「圧力」。空気バネの空気を抜いた、ゴツゴツした走り。峠の釜め...

続きを読む

碓氷峠と共にあったEF62の記憶

6月2日、日付繋がりで今日はEF62です。私が初めて碓氷峠を訪れたのは1991(平成3)年の松の内。 碓氷峠に日中でも客車列車や貨物列車が走っていた頃に比べると、EF62の姿は限定されていましたが、碓氷峠最晩年にEF62牽引の列車に乗ることが出来たことはよかったと思っています。 独特のC-C配置の軸配置が奏でる走行音を聞いてみたかったのと、国鉄最晩年に東海道・山陽本線へ転配され「山から里へ降りた」姿も見ることは...

続きを読む

6月スタート、列車番号6をピックアップ

6レ 寝台特急 みずほ EF66 41[関]1994.8.9 東京  6レ 寝台特急 北斗星6号 EF81 93[田]+24系客車12連[東オク]1991.7.30 赤羽  6M 寝台特急 はくつる 583系13連[盛アオ]1978.11.19 上野  ...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター