FC2ブログ

記事一覧

さよなら交通科学博物館~50年目の初訪問(2)

今年は東海道新幹線開業50周年、個人的には0系はあまり好きな車両ではありませんでしたが、トップナンバーをよくぞ残してくれたと思います。21-1(鉄道記念物)リベット打ちのスカートは、今となっては時代を感じます。私が物心ついた時にはサボはなかったと記憶していますが、LEDよりは幕、幕よりはサボの方が風格を感じます。 ~つづく~...

続きを読む

さよなら交通科学博物館~50年目の初訪問(1)

私は大阪で生まれました。小学生になる前に、関東へ引っ越しました。幼稚園児だった頃、交通科学館(当時)の151系のカットモデルがいつも私を「誘惑」していました。それから幾星霜…交通科学博物館は閉館が決まりました。大阪の男の子は必ず行くと言われていたのに、私は遂に行けずに終わるのか…先週、ひょんなことから行けることになり、生まれてから50年目にして最初で最後の訪問を果たすことが出来ました。4月6日の閉館まで、...

続きを読む

EF66 21&EF66 36&EF64 1014 国鉄型&国鉄原色「祭り」@大船

約1時間の間に「ゼロロク」、そしてEF64国鉄原色が次々やって来て、ちょっとした「お花見」気分でした。高速貨物B 5093レ EF66 21[吹]+コキ車5092レの36号機はいつもと違うポジションで狙おうと思ったら、ホームを歩く人に被られてしまったので、昨年撮影した30号機で代用します。高速貨物B 5092レ EF66 30[吹]+コキ車2013.9.93075レは今改正からEF64の運用になりました。機関車番号の情報が無かったので、「どうせ牛乳パックだろう...

続きを読む

河口湖の京葉線帯205系と原色「京王5000系」

河口湖へ行った帰り、「ホリデー快速富士山2号」に乗ろうとしたら、京葉線帯の205系が留置されていました。(手前)8570M ホリデー快速富士山2号 189系6連[八トタ](中)富士急1000形(元京王5000系)奥に京葉線帯205系が見えます。富士急6000系となった205系の部品取りでしょうか。やはり、この塗装です。かつて、高幡不動に住んでいたいとこの所へ遊びに行った記憶がよみがえりました。私にとっては、京王電鉄よりも「京王帝都電鉄...

続きを読む

横浜線205系の記録(3)新旧交代

E233系がじわりと増え、新旧交代の様相を呈してきました。(左)1542K E233系6000番代クラH003編成8連[横クラ](右)1506K 205系8連[横クラ](左)1620K E233系6000番代クラH020編成8連[横クラ](右)1732K 205系8連[横クラ]1620K クラH020編成1608K クラH5編成指をくわえている間に、あっという間に置換えが完了してしまうのでしょう。質実剛健を地で行く国鉄型と、デザイン重視のJR車両の違いを見るにつけ、26年の年月の流れを感じます。画像全...

続きを読む

「ホームライナー」30年目の撤退

1984(昭和59)年6月1日、上野-東大宮間の特急の回送列車を、乗車整理券300円を購入することで客扱いに変更した施策は、当時叩かれまくっていた国鉄が「無」から「有」を生じたと賞賛され、後に「ホームライナー大宮」と命名されました。国鉄最晩年のヒット商品の1つだったと思います。記念の30周年の今年、「発祥」の上野口から撤退することは、当時のインパクトを考えると何とも残念です。3623M ホームライナー古河3号 185系O...

続きを読む

さよなら「あけぼの」、さよなら、上越・羽越線経由の夜行列車…

ラストラン目当ての「にわか鉄」の喧騒には巻き込まれたくありませんでした。まだ、普段の姿であるラストラン前日にお別れしたかった。私の乗り鉄の「スピリット」を育ててくれた上越・羽越線経由の夜行列車には、何としても乗ってお別れしたかったが、せめて姿だけでも見たいと思った。後撃ちは、湘南新宿ラインから降りてきたお客さんに被られてしまったが、上野発の夜行列車は常に「人の中」にあったと思います。だから、これで...

続きを読む

「サンライズ出雲」16年目の初乗車 横浜-出雲市の一夜(2)

静岡でどやどやと乗車があったのは記憶にありましたが、いつしか眠りに落ち、浜松の営業停車と名古屋・米原・大阪の運転停車は全く気がつきませんでした。振動で目が覚めると、ちょうど神戸通過。それからもう一度寝てしまい、勾配にかかる感覚で目が覚めました。かの宮脇俊三さんも言及した、兵庫~岡山県境の船坂峠でした。空は青みがかってきました。夜行列車は何と言っても「朝」です。夜から朝に変わる経過を見届けてこそ、夜...

続きを読む

「山スカ」3本並び @大月

「サンライズ出雲」乗車記の間に、1本挟ませていただきます。ブログを通じてお友達になった方と、富士急下吉田駅のスハネフ14を見に行きました。大月までは、もちろん山スカ。大月で3本並んだ!無理やりの並びですが、いつまで見られるかわからないので、感激してシャッターを切ったのは言うまでもありません。(左)535M(中)544M(右)留置2014.3.9 大月鉄道コムに参加しております。...

続きを読む

「サンライズ出雲」16年目の初乗車 横浜-出雲市の一夜

3月3日~5日の間、山陰へ行く機会があり、行きは「サンライズ出雲」を利用しました。1998(平成10)年7月の登場以来、16年目にしてようやく乗ることが出来ました。横浜駅の行先案内指定されたのは、10号車のソロ下段。頭上のスペースと、荷物を置くスペースが殆ど無いが、上段室の階段が突き出た部分で着替えが出来、荷物を置くことが出来る。コンセントがあるので携帯の充電には非常に有難い。狭いスペースを工夫して活用している...

続きを読む

名古屋駅、DD51「魅惑の重連」

「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」のDD51重連を、私は密かに「魅惑の重連」と呼んでいました。私より年代が上の方は、北海道の重連と言えばC62「ニセコ」を連想すると思います。私は写真でしか見たことはありませんが、親が買ってくれた蒸気機関車の写真集などで幼児期の私でさえ存在は知っていました。「ニセコ」以来の、国鉄型による魅惑の重連。そんな「魅惑の重連」に名古屋で遭遇しました。国鉄原色だっ...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター