FC2ブログ

記事一覧

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (16)

「わたし、やっぱりあなたに話してよかったと思う。」「どうして?」「わたしね、別にあなたにどうこうしてもらおうとか、答えを出してもらおうと思っていた訳じゃないんだ。」「どうすればいいのかななんて言うから、何か君自身が凄くすっきりするような答えを出さなければいけないと思ったんだ。」「わたしね、ただあなたが聞いてくれて、あなたと一緒に考えるだけでよかったんだ…こんなこと、他の人には言えないし、あなたしか...

続きを読む

我が愛しの車窓風景(1) 瀬戸大橋線 児島-坂出間

先日お知らせしました、もう1つの増設書庫をスタートします。「鉄」で「食」を語ることが不可欠であるならば、移動手段である「鉄」の道を行く「車窓」は、なおさら語らない訳にはいかないと思います。1年365日、雨の日もあれば風の日もある。その時々、四季折々に違った風景を見せる車窓。私が旅した中から、随時セレクトしてまいります。季節は夏、最初は海が見える車窓風景からまいりましょう。JR瀬戸大橋線の車窓です。この...

続きを読む

旅は道連れ駅弁と共に~「鯵の押寿し(東海道本線・横須賀線 大船駅)」

昨日お知らせしました通り、書庫を増設しました。「旅は道連れ世は情け…」その通りなのですが、何か忘れていないか?生活には、必ず「食」という行為が伴う。旅をしていると、必然的に旅先で、または移動中に「食」という行為を行わなければならない。「鉄道旅行」をしていると、「駅弁」のお世話になることはほぼ必須です。「駅弁」を語らずして「鉄」を語ることは出来ない…そんな思いで、この書庫を開設します。そのスタートが東...

続きを読む

またまたお知らせ!

拙ブログで5月21日付けでアップしました、浜川崎の旧型国電と苦い恋の思い出~南武支線1980の写真が、以下の商業誌に掲載されました。「わが国鉄時代Vol.2 出会い、そして別れ。忘れえぬ日々…」7月28日発売 株式会社ネコ・パブリッシング刊 かなり後の方に、「古豪健在なり」とのヘッドラインで掲載されています。よろしかったら、ご覧になってみてください。...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (15)

彼女からのメールだった。お互い微妙な空気の中で別れてしまい、その後彼女との心の距離を測りかねていたので、少し重い気分が晴れた。とりあえず心の距離は保たれたような気がしたが、今は体のほうがついていかない。それに、何故俺じゃないと駄目なのか…彼女の友人とか、そういう話の出来そうな存在は他にいる筈だろうにと思った。彼女にメールを返した。あれから九州へ行っていたのだけど、その前から風邪気味で、帰ってきてか...

続きを読む

書庫増設のお知らせ

書庫「旅は道連れ駅弁と共に」、「我が愛しの車窓風景」を増設します。鉄の道の必須「アイテム」駅弁と、私が辿った旅路から印象に残った車窓風景をセレクトしてご覧にいれます。家のPCが現在ネットに繋がらなくなり、原因が判明するまで携帯からアクセスします。...

続きを読む

初めて車両基地に入る 北アルプスの麓のスカイブルー旧型国電~大糸線1980 (2)

友人と、初めて大糸線にやってきました。当時の大糸線は京浜東北線、東海道・山陽本線普通電車と同じスカイブルーに塗られた旧型国電の天下でした。この時の撮影行では、生まれて初めて車両基地の中に入りました。松本の次の北松本で下車して、当時大糸線の電車を担当していた北松本運転支所(現在は廃止)の建物に入り、恐る恐る来意を告げました。何しろ、当時の国鉄職員は窓口の対応がやり玉に上がっていたように、怖い人が多か...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (14)

彼女から初めて相談を持ちかけられたのは、それから一週間位後のことだった。机の上を整理し、次の予定を確認し、帰る支度をしていると、彼女からメールが来た。今日は時間あるの?会いたいんだ。いつもと違って、随分とぶっきらぼうなメールだと思ったが、その後特別予定もないので、待ち合わせの場所へ向かった。そこで彼女と会ったが、いつもと様子が違うのが分かった。どこかそわそわしていて、そうかと思えば急に溜息をついた...

続きを読む

一筋の虹…

久しぶりの「非鉄」ネタです。ある日の夕方、雨上がりの空に一筋の虹がくっきりと浮かんでいました。雨の上がった後にくっきりと浮かぶ虹、気分が高揚すると共に、気持ちが優しくなりますね。思わずカメラを向けてしまいました。2009.7.19神奈川県内のある所にて...

続きを読む

31年前の「夜行3兄弟」~「北陸」「能登」「あけぼの」…

今や、上越線の「夜行3兄弟」として話題の「北陸」「能登」「あけぼの」ですが、それらの31年前の画像を引っ張り出してみました。31年前と言えば、夜行列車はたくさん走っていて、新幹線も高速道路も今ほど発達していませんでしたから、長距離の旅行は夜行列車で行くのは当たり前、そして大多数の夜行列車は機関車牽引で運転されていたのが当たり前…今となっては、隔世の感を禁じえません。3002レ 寝台特急 北陸EF58 110[長岡]...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (13)

「誰にでも取り柄って必ずあるものよ。あなたが気付いていないだけ。あなたが気が付かないのなら、わたしが気付かせてあげる。ごめんなさい。また偉そうなこと言ってしまったわね。」「俺、確かに愚痴言うのは好きじゃない。」「そうだそうだ。男が愚痴こぼしながらお酒なんか飲んでいるなんて、最低だよ。わたしが前に付き合っていた男性(ひと)ってね…」「よく愚痴をこぼしていたの?」「よく仕事で『あんなことがあったとか、こ...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~1995(5)海芝浦のクモハ12「旧型国電バンザイ!」

JRマークを見なければ、国鉄時代かと思うほど国鉄型が多数走っていた1990年代前半。そんな時代を、私は密かに国鉄時代「延長戦」と呼びます。JRになっても鶴見線には戦前製の旧型国電が走っていました。これこそ究極の「国鉄時代 延長戦」ではないでしょうか。一度この電車に乗りに、鶴見線の「名所」海芝浦へ行ったことがあります。昔日の通勤輸送を担った旧型国電は、JRになってもなおひっそりと走っていました。クモハ12...

続きを読む

ブルトレの走らない夏休み~昭和の鉄道少年の嘆き

この3月改正で「富士」+「はやぶさ」が廃止され、東海道・山陽本線は初めてブルトレの走らない夏休みを迎えます(正確には、東海道本線の山科-大阪間には「日本海」が走っています)。3月13日に感謝をこめて見送って、もうやってこないことは充分わかっている筈なのに、横浜駅で18時30分近くなるとそわそわしてしまうのは何故でしょう。1レ 寝台特急 富士+はやぶさEF66 43[関]+14系12B[熊クマ]2008.8.13 横浜でも、ホーム...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (12)

「あなたともう会うことはないっていうのは有り得ないだろうな。何故だか知らないけれど、あなたには何でも話せる気がするんだ。」「どうして?」「あなたの雰囲気っていうのかな。」「雰囲気?」「今、あなたが、上司が女性でも抵抗はないって言っていたでしょう。」自分の雰囲気から始まって、なぜ上司が女性でも抵抗はないということに飛ぶのか、理解出来なかった。「うん。だけど、それがどうかしたのかい?」「あなたって、『...

続きを読む

北アルプスの麓のスカイブルー旧型国電~大糸線1980

1980(昭和55)年8月。その前月、成就したかと思った私の恋は2か月で儚く終わってしまった。5月21日付け 浜川崎の旧型国電と苦い恋の思い出~南武支線1980その痛手を拭い切れないでいたある日、友人から「大糸線へ行こう」と誘われました。義務教育を卒え、初めての「帰省」だけではない、自分の行きたい所へ行ける旅行。行先は、大糸線の他に当時旧型国電が多数走っていた飯田線に自然に決定しました。「信州ワイド周遊券」を握...

続きを読む

絵入りヘッドマークではない「あいづ」~上野駅1978

この夏臨でも話題の「あいづ」ですが、「あいづ」バリバリの現役時代、しかも絵入りヘッドマークではなかった時代の画像を引っ張り出してみました。1035M 特急 あいづ485系9B[仙セン]1978.3.25 上野9両と上野口の特急ではミニ編成ながら、しっかり食堂車も営業していました。1037M 特急 あいづ485系9B[仙セン]1978.11.19 上野ボンネット!残念ながら「53.10」改正で食堂車が外されました。当時のダイヤは、以下の通りでした...

続きを読む

東海道新幹線開業45周年~東京駅新幹線史跡散歩

東海道新幹線が開業したのは、1964(昭和39)年10月1日。そうです。まだ話題にはなっていませんが、今年は東海道新幹線開業45周年という節目の年です。私の誕生日はプロフィールをご覧いただいての通り、東海道新幹線が開業した日の1カ月後です。東海道新幹線とは、どこか因縁を感じないではいられません。東海道新幹線の45年間の歴史を感じさせるスポットを、歩いてみました。18・19番線にある東海道新幹線の鉄道建設碑。「新幹線...

続きを読む

国鉄時代「延長戦」1991~1995(4)「あいづ」・「あさま」… 

JRマークを見なければ、国鉄時代かと思うほど国鉄型が多数走っていた1990年代前半。そんな時代を、私は密かに国鉄時代「延長戦」と呼びます。今回も関東に偏るかも知れませんが、とにかく行きましょう。18M 特急 あいづ485系9B[秋アキ]1991.7.30 川口「あいづ」は、この夏臨も走って話題ですね。京浜東北線の103系17B 103系10B[東ウラ]1991.7.20 品川103系なんて一時は見ても何も感じませんでしたが、今見ると懐かしい…回953...

続きを読む

横浜駅にブルトレ復活!?ある日の横浜駅界隈

横浜駅にブルトレ復活!?そんなバカな!「富士」+「はやぶさ」は3月で廃止されて、もう横浜駅に姿を現すことはない筈…KEIKYU BLUE SKY TRAIN2100形+1500形の快速特急そうです。ブルトレではありません。赤い電車ばかりの京急で異彩を放つ「青い電車」、KEIKYU BLUE SKY TRAINです。青い電車と赤い電車の組み合わせが、どうしてもブルトレの青と交流電気機関車の赤に見えてしまうのは、私だけかなあ…横浜駅は、かつては終日貨物列...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (11)

その日も、彼女と会っていた。彼女が、悪戯っぽい視線を浮かべて口を開いた。「あなたって、女の人と話すのが苦手だって言っていたでしょう。それは、今も変わらないの?わたしと話していて、だいぶ慣れたんじゃないの?」「今も、基本的に苦手なことには変わりない。」「そうなの?」「君はすごく話しやすいんだけど、君以外の女性(ひと)だとどこか構えてしまう。」「会社の女性(ひと)とは、話したりするでしょう。」「会社の...

続きを読む

20系津軽海峡を越える(エピローグ)~鉄道の「もしも」?

石田という稀有な人物のもと、遂に国鉄は一丸となって動き始めた。青函の客車の出し入れ、航送中は編成を分割することによる電源車の問題、道内のダイヤなど山積する問題…電源車は九州で先例のある、旧型客車を改造した簡易電源車マヤ20を連結することになった。道内のダイヤは、函館-札幌間はC62重連で性能いっぱいのダイヤが検討された。北海道支社は悲鳴を上げていたが、とにかくやるだけのことはやってみようと突き進んだ。道...

続きを読む

ああ、「ムーンライト九州(高知・松山・山陽)」…

皆さまご承知の通り、JR西日本の「ムーンライト」シリーズはこの夏臨も設定されず、事実上の「廃止」と報じられていますが、遂に使用されていた14系客車自体が廃車と報じられたようですね。「ムーンライト九州」に使われていた14系は、座席のリクライニングも深くて、一度乗りたかったのですが…「富士」+「はやぶさ」が廃止されても「ムーンライト九州」があるじゃないか…と思っていた矢先に春臨では設定されず、夏臨もなし。あ...

続きを読む

3月15日、165系急行「東海」最後の旅路~急行電車の時代の終焉…

国鉄色~千葉では113系に湘南色が復活しましたが、もう1つの湘南色…165系も忘れたくないですね。1995(平成7)年、身延線の急行「富士川」が特急格上げが決定しました。これで、同じ165系を使用している急行「東海」、そして共通運用の「大垣夜行」の去就が一気に注目されましたが、1996(平成8)年3月16日のダイヤ改正で「東海」も373系を投入して特急格上げ、「大垣夜行」は373系と共通運用で全車指定席の「ムーンライトながら...

続きを読む

「北斗星」の車窓から~「美しい日本と私…」(函館-札幌)

寝台特急「北斗星」の車窓。前回は上野-函館間をご覧いただきましたが、今回は函館-札幌間をご覧にいれます。駒ケ岳のなだらかな山容。いつ見ても「北海道に来た」という喜びを感じる風景。噴火湾沿いに北上する。これも北海道らしい風景だ。長万部停車。必ずここの駅名標で写真を撮っている人を見ます。「北海道を代表する」駅名と言えるでしょう。長万部を出ると天候が急変し、外は吹雪になった。サイモン&ガーファンクルの「...

続きを読む

寝台特急「さくら」で「一夜」の恋~「君は夢の中」 (10)

彼女と再会して以来、彼女も自分とは気が合うと思ったようだった。会社が近くなったこともあって、大体週に一度は会うようになった。自分の仕事が早く終わりそうな時は、自分から彼女を呼び出したり、会社が終わる頃になって彼女から「今日は時間ある?」とかメールが来て、会社を出た後に食事をするようにもなったりした。昼になって彼女から「お昼でも食べない?」とかメールがきて、ランチを食べることもあった。更に一か月が経...

続きを読む

「北斗星」の車窓から~「美しい日本と私…」(上野-函館)

前々回の「北斗星」~夜行列車の「王様」の輝きと「今のままでよいか?」でお知らせしましたが、2回に分けて私が「北斗星」に乗った時に記録した車窓風景をご覧にいれます。「美しい日本と私」というのは、今なお語り継がれる、国鉄が1970年代初頭に展開した「ディスカバージャパン」キャンペーンのキャッチコピーです。上野から青函トンネルを越えて北海道への遥かな旅路は、「車窓の豊かさ」という点では日本の列車では随一とい...

続きを読む

「東海道線全通120周年記念583系の旅」583系と大船の大カーブ

今朝は横浜へ出る用事があり、「そうだ、今日は583系が走る日じゃないか」とコンデジとフイルムカメラを用意して、出発しました。「鉄道ダイヤ情報」で確認しておいた時刻は、横浜10:05分。ホームでじっくり撮ろうと思って横浜駅へ来てみたら、横浜通過!これは対向の7番線から撮るしかないと思い、時刻表を見ると快速アクティー東京行の7番線発は10:07分なので、被られずにすみそうだ。いざカメラを構えると、アクティー横浜到着...

続きを読む

「北斗星」~夜行列車の「王様」の輝きと、「今のままでよいか?」

このブログでは、過去に様々な夜行列車の想い出を綴ってきましたが、全て廃止されてしまった列車ばかりでした。今走っている列車についても語らないといけない!何と言っても、今誰もが思い浮かべる夜行列車。それは、「北斗星」でしょう。豪華な寝台車を連結し、そして定期列車では唯一食堂車を営業する列車。内容的には「北斗星」より豪華な「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」もありますが、それらは不定期列車です。...

続きを読む

鉄道博物館へ正規運賃より安く行く方法

この度、新書庫「きっぷにまつわる話」を増設しました。私が見つけた、安くきっぷを買う方法、その他きっぷに関する様々なお話をこの書庫でしてみたいと思います。手始めに鉄道博物館へ行く時、横浜から大宮へJRを使って行くのに正規運賃より安く行く方法をお話しましょう。横浜-大宮間の運賃は、片道890円、往復で1,780円です。これより安く行くにはどうするのか。時刻表のピンクページのどこをどうみても、横浜-大宮間は890...

続きを読む

20系津軽海峡を越える(15)~鉄道の「もしも」?

石田が志村に歩み寄って、肩を叩いた。「列車の運転、航路の運航は停めてはならぬのだ。そして、君のような若者の志も停めてはならぬのだ…」志村は、思わず石田をじっと見た。「では、総裁は…」「運輸省の方はわしが身体を張ってどうにかする。だから、君は君のやれることを充分にやってもらいたいのだ。」志村の目の前の石田が、徐々に霞んでいった。それは、こみあげてくるもののせいであった。「総裁…ありがとうございます!」...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター