FC2ブログ

記事一覧

電気機関車が好きだ!

私は電気機関車が好きです。SLブームの末期を知る者として、電気機関車とは力の、そして近代化の象徴。「撮り鉄」を始めるようになった頃は、どこへ行っても電気機関車を気軽に撮ることが出来た。線路際で撮影をしていると、電気機関車の運転士さんはこちらに向かって手を振ってくれる人が多かった。そんなことも、電気機関車に対して親しみを感じるようになった要因かも知れません。かつての横浜駅は、今の横須賀線が発着する9・1...

続きを読む

春よ来い…

今日は横浜も午前中雪でした。どことなく電車も寒そうだ。 最後まで正面緑地方向幕で残っていた横浜線クラH18編成も、遂にLED化されました。1012K クラH18編成[横クラ]...

続きを読む

「さくら」復活!

JR西日本・九州から、新大阪-鹿児島中央間を直通運転する新幹線の愛称が「さくら」に決定したとのリリースがありました。http://www.jrkyushu.co.jp/shinkansen-name/index_pc.html元々、JR九州は2004年3月の九州新幹線の新八代-鹿児島中央間開業時に本当は「さくら」の愛称を使いたがっていたと聞いたことがあります。九州には馴染みのある愛称であり、語感や日本の新幹線というイメージからもよいと思います。これあるを見...

続きを読む

今日の「富士+はやぶさ」

画像1 編成全体を狙える7番線の人出が多い。画像2 本来7番線に発着する普通電車は8番線に変更されています。画像3 今日はEF66 42でした。...

続きを読む

C58+EF58の「EL&SL奧利根」~12年前の今頃、俺はどこで何をしていたか

12年前と言えば一昔前…12年前の丁度今頃、「EL&SL奧利根」号に乗りに行きました。朝上野から「水上+草津」に乗ろうとしたら、185系の先頭にびっしり雪が付いている。途中すれ違った「鳥海」はほぼ6時間遅れと推定されました。沼田あたりから雪景色となり、北の方はとんでもない天気になっているようでした。水上は見たことも無い雪の量でした。ただ、タクシー運転手によるとこれでも少ない方だという。温泉で一風呂浴び、待望の蒸...

続きを読む

「はやぶさ」が新幹線を走る日~私の儚い夢

九州新幹線が博多まで開業すると、東京から鹿児島中央まで新幹線で行ける。ただ、東京-鹿児島中央間の直通列車の計画はまだないようです。東京-鹿児島中央間は、新幹線で行っても相当時間がかかるでしょう。そこで、新幹線に夜行列車を走らせたらどうかなと思うのです。一時期、新幹線にも夜行列車を走らせる構想はあった。国鉄時代、確か961形としてそのプロトタイプが形にはなった。しかし、今に至るまで新幹線の夜行列車実現...

続きを読む

「富士」「はやぶさ」1994

このところ、1994年の画像を取り上げていますが、C62 2が大宮へやってきたり、前年の九州ブルトレの食堂車営業廃止に続いて「あさかぜ」1・4号、「みずほ」の廃止が発表され、この年は「撮り鉄」活動がある意味頂点を極めた年でした。「富士」には、前年の1993年に乗車しました。夏休み後半だったから、乗車率はよかった。食堂車の営業は廃止されたが、「売店車」ということで連結はされていました。駅弁を食べる人達で、食堂車に...

続きを読む

大宮で「南宮崎」

先日ご紹介した「新旧つばめの出会うとき」をデジタル処理するにあたって、出てきました。大宮で「南宮崎」の行先…うーん、ヤシの木や温かそうな海…南国の風景が浮かんできますね。「新旧つばめの出会うとき」にやってきた787系の方向幕です。私は宮崎は肥薩線で一部をかすめたことしかないので、県庁所在地宮崎にはまだ行ったことがありません。「富士」も西鹿児島まで運転されていたのが宮崎止まりになり、その後JRになって南...

続きを読む

たった一度の「みずほ」

「みずほ」には、たった一度だけ乗ったことがある。1994年8月24日、徳山-横浜間で乗車しました。この時は最初「あさかぜ」4号に乗ろうと思ったのだが、前年に九州ブルトレの食堂車の営業が廃止された。「あさかぜ」4号は、やはりあのオリエント急行調インテリアの食堂車が営業していてこその列車だと思った。更にその直前に「みずほ」廃止が発表されたので、「みずほ」に乗ろうと思った。「みずほ」にはソロやデュエットがないの...

続きを読む

C62 2が大宮にやって来た!

「鉄道の日プレイベント 新旧つばめの出会うとき」のメインはEF55ではなかった。この時のメインは、何と梅小路から大宮へ長躯遠征してきたC62 2でした。C62 2。1970年代前半のSLブームの頂点にあった蒸気機関車と言えるでしょう。私は幼稚園年長~小1になる頃だった。当時実物を見るには至らなかったが、C62 2の写真は何にも載っていて親しんでいたから、これは行くしかないと思った。更には、JR九州から787系「つばめ」がC62 2...

続きを読む

私の撮影したEF55 1

私がこのブログで紹介する画像は、年代が非常に偏っている。私は昨年転居した。関東在住ですが、関東でも非常に「田舎」に位置する為、この1年「撮り鉄」活動がままならなくなってきた。従って、旧い画像の紹介ばかりになってしまっていますが、何とか限られた時間の中で撮り鉄活動に励みたい。EF55 1が引退したばかりですが、今回はそうした事情で撮りに行けなかった。旧い画像で恐縮ですが、1994年10月、大宮工場(当時)におい...

続きを読む

今日の「富士+はやぶさ」

画像1  まだまだ異様な人出ではないが、一時に比べれば多くなってきた。画像2  編成全体を狙える6番線の人出が、やや多いようだ。画像3  異様な人出ではないとは言え、ホームぎりぎりに停車するのでもはや撮りたいアングルでじっくり…ということは不可能でしょう。三脚やフラッシュを使う輩がいるのは相変わらずだが、1978年のブルトレブームのような殺伐とした雰囲気がないのはよい。画像4  よく見ると、ヘッドマー...

続きを読む

急行「天の川」

前々回の「特急新雪 30年前の今頃俺はどこで何をしていたか」に、私の思い込みで誤りがあったのを発見しましたので、訂正の上該当画像を再アップし新たな画像を付けます。「ゆうづる」と急行「新星」が並んだ画像、でも「新星」が到着するホームはここではない…この写真をよく見ると、上野の高架ホームではないか!改めて当時の時刻表を繰って検証した結果、これは「新星」ではなく秋田発上野行 急行「天の川」でした。前々回の...

続きを読む

国電フリー乗車券

JR東日本には、「都区内フリーきっぷ」という商品があります。これは、国鉄時代には既にあった商品ですが、国鉄時代にこれを買うと券面には「国電フリー乗車券」とあるきっぷが渡されました。効力は、今の都区内フリーきっぷと変わりません。画像の日付はご覧の通り、「国鉄解体」の前日。この時はあちこち回って東京駅まで来て、あとは横浜へこのきっぷで帰るだけでしたが、「国電」の文字がどうにも名残惜しく思われて、横浜ま...

続きを読む

特急「新雪」…30年前の今頃、俺はどこで何をしていたか。

30年前…「ムーンライトながら」の前身である「大垣夜行」に横浜から乗って、よく早朝から上野で写真を撮っていた。大体昼過ぎまで写真を撮っていたが、この時は寒さに耐え切れず早々に退散してしまった。画像1 上野で「彗星」?これは「ゆうづる」です。「ゆうづる」の24系客車は、九州ブルトレから転配されました。従って、北から南まであらゆる寝台特急の幕が入っていました。「カシオペア」は、さすがに九州ブルトレの文字は...

続きを読む

蒸気機関車更なる復活…

既にご存知の方も多いでしょうが、JR東日本が特別チームを編成して、更なる動態保存機の選定に乗り出すそうであります。よいニュースですが、牽かせる客車をもう少し確保しておくべきだったのではないか…という気もします。JR東日本で蒸気機関車に牽かせられる客車と言えば、高崎の旧型客車と12系客車、あとSLばんえつ物語用の12系客車くらいでしょう。14系座席車はとうにJR東日本からは消えてしまった。12系客車をもう少...

続きを読む

上越型EF58~私が最も魅了された電気機関車

前回の「ああ、EF65PF…」で、私は1978年以降に増備されたEF65PFは、余り好きではなかったと書きました。それでは、私が最も魅了された電気機関車とは…上越型のEF58です。EF58はもともとスマートな車体であるのに、上越型のEF58は窓上のつらら切りが更にスマートさを強調し、精悍な印象がたまりませんでした。私の記憶では、1973年8月、上野-酒田間で急行「鳥海」に乗った時、上越型のEF58を目の当たりにしてその精悍さにたちまち...

続きを読む

ああ、EF65PF…

山手線や湘南新宿ラインのE231系や中央快速線のE233系が我が世の春を謳歌している中、EF65が新宿の「果て」のような6番線にぽつんと停車している。いかにもうらぶれた雰囲気を醸し出している。EF65PFは、2005年10月のダイヤ改正で下関の車両が定期運用を失い、昨年3月のダイヤ改正で「銀河」が廃止され、旅客会社のEF65PFは完全に定期運用を失った。九州ブルトレの先頭に立って一時代を画し、1979年からは関西-九州間のブルトレ...

続きを読む

国鉄物件~今なお残る国鉄時代の駅名標を探して

国鉄物件…正式な用語ではありません。私が勝手にそう呼んでいるものです。国鉄がJRになって間もなく22年、国鉄型車両以外は国鉄の痕跡は殆ど消えてしまいましたが、駅名標や駅の表示類にほんの僅かですが国鉄時代のものが残っています。それを私は勝手に「国鉄物件」と呼んでいます。ご覧いただいての通り、JRになってからの駅名標に比べ、視覚的な効果よりも実用一点張りです。色気が少ない。東戸塚などは、駅の玄関にまだ国...

続きを読む

「北斗星」ロイヤルの手書き寝台券

「北斗星」A個室ロイヤルに乗ったことがあります。若かったにもかかわらず。バブル後期…そんな時代もあった。これはその時の寝台券ですが、「みどりの窓口」のある駅で買ったにも関わらず手書きです。大駅ではたくさんの人が並んでいるので、数の少ないロイヤルをゲットするためには、少なくとも発売開始の1ヶ月前の午前10時ジャストには自分の順番が来ている必要がある。そのためには、みどりの窓口のある小さな駅に行くしかな...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター