FC2ブログ

記事一覧

ああ、「エルム」…

昨年3月のダイヤ改正で、上野-札幌間を結ぶ寝台特急「北斗星」は1往復に減便されました。この改正から、多客期に「北斗星」を補完していた「北斗星」81・82号、そして「エルム」は、運転されなくなりました。初めは一時的に運転されないのかと思っていましたが、JR東日本・北海道の寝台車の廃車、他国への売却が進んでいる現状を見ると、もう運転されることはないようです。「エルム」は、B寝台だけの完全な輸送力列車でした...

続きを読む

青い電車…赤い電車に「青一点」

「赤い電車」があるから「青い電車」も…という訳ではあるまいが、京急のアイデンティティをひっくり返すように、違和感…というか異星人のようだ。私が通学で利用していた時代だったら、きっと血眼で探していただろうな。これは三崎口行の2100形だが、上りの2100形の「品川方面泉岳寺」の幕は、単に「泉岳寺」ではダメなのだろうか。前にも書いたように神奈川新町を「新町」、金沢文庫を「文庫」、金沢八景を「八景」、逗子海岸(今...

続きを読む

赤い電車

誰が言ったか「赤い電車」。私にとっての赤い電車は、通学で利用したこの京急1000形。数は少なくなり、古さは隠せなくなりましたが、まだまだ元気で走っているのは本当に嬉しい。幕が車両によって「川崎」と「京急川崎」の2通りがある。同様に神奈川新町を「新町」、金沢文庫を「文庫」…今は羽田空港に力を入れているのできちんと表記しているのでしょうが、前記の略し方が京急のカラーが感じられて好きだ。...

続きを読む

最近鉄道少年になった君へ…ある中年の昔話

最近鉄道少年になった君、鉄道ファンになった方へ、お聞かせしておきたいことがある。とは言え、説教ではありませんよ。最近写真を撮られる方は、まずデジカメですよね。フイルムカメラを使う方は、どれくらいいるだろう。それでも、最近はフイルムを現像に出しても間違いなく当日には仕上がるのでよいのですが、私が中学生だった頃は現像に出すと出来上がるまで、まず3日はかかった。デジカメはその場で映り具合を確認できるし、...

続きを読む

「富士」「はやぶさ」1978年のブルトレブーム

「鉄道ブーム」と言われる昨今ですが、1978年「ブルートレインブーム」が起きたことがあります。今も駅でカメラを構える人の数は多いですが、この時の人数は今よりも相当多かったと思います。もっとも、この3月の「富士+はやぶさ」の最終日は恐らくそれ以上になるでしょうが。このブームの頂点に位置していたのは、当時の日本最長距離列車だった「富士」でしょう。私もいつか「富士」のA個室で西鹿児島まで旅したいと思っていま...

続きを読む

カートレイン~夜行列車の1つの形を示した…

国鉄時代の1985年から、1997年頃(正確な記憶ではないので、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきましたら幸いです)まで、自分のクルマと共に列車で移動できる、「カートレイン」が運転されていたことがあります。1985年夏から、汐留-東小倉間で運転が開始されました。汐留駅は間もなく廃止されたので、東京側の始発駅は恵比寿、その後浜松町に変更されました。JRが発足して、青函トンネルが開通した1988年からは恵...

続きを読む

夜行列車の魅力

夜行列車は、旅情豊かな乗り物であることを書きました。夜の帳、窓の外を流れる灯りと踏み切りの警報機の赤いランプ。そして家屋も灯りも何もないところでは、空に星が瞬いているのが見えます。これらが郷愁を誘い、そして列車の歩みにどこか人生を重ねてしまうのでしょう。前回書いた「日付変更線を越える感覚」とは具体的にどういうことか。普段、自分が寝ている時の様子なんてわかりません。しかし、夜行列車では眠れずに外を見...

続きを読む

夜行列車で見知らぬ町へ行きましょう…

ブログを方向転換しました。私の得意分野の色が濃くなりますが、かと言って余り自分の世界に入り過ぎると引いてしまう人もいるかも知れない。ほどほどに、でも自分がやっていて楽しく、ご覧いただく方がなお楽しければいいなと思います。夜行列車。単に寝ている間に移動するだけの列車ですが、旅情豊かな乗り物であることは定評があります。その夜行列車も、近年急速に数を減らしています。旅情豊かな乗り物ではありますが、移動し...

続きを読む

ブログ方向転換…

この頃どうにもネタがない。最初の頃は色々な所に出かけていたけど、最近は歩く範囲がだいぶ限られてきた。それに、仕事で出かけている身では、様々なスポットの開発もままならない。最近は、ちっとも町歩きについて触れていない。我が友人も得意分野でブログを始めた。私も、そろそろ得意分野に方向転換しようか…と思いながらなかなか踏み切れない。が、踏み切らざるを得ないかも知れない。...

続きを読む

2009年、どこへ向かうのか…ほろ酔い加減に感じたこと。

皆さま、明けましておめでとうございます。何かと波乱の年明けとなりました。世界は、この国は、そして自分はどこへ向かうのか…と思いを馳せながら、お屠蘇のほろ酔いに一瞬逃れています。さすがに今年の初詣はどこも大変な人出…と思いきや、例年より少ないという見聞もあり、不景気だから神頼み…という訳でもないのですね。2009年なるようになるのか、それとも様々な方向へ行きつ戻りつするのか分かりませんが、どうか今年もよろ...

続きを読む

プロフィール

Herorail

Author:Herorail
拙ブログにお越しいただきありがとうございます。 yahoo!ブログから移転しました。
星の数ほどあるブログの中で出会えましたことを感謝します。 見知らぬ町へ鉄の道で行きましょう。いやなことがあれば鉄の道で行きましょう。 宜しくお願い致します。
アメブロも運営していますが、懐古趣味に限定しています。宜しければ合わせてご覧ください。https://ameblo.jp/ef58137/

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター